新規会員登録はこちら

作業服のだいまつ > air craft取り付け&メンテナンス

作業現場の夏には欠かせない必須アイテム「空調服」。これまで利用したことがない方も、ここ数年の猛暑や、各メーカーの改良もあり、外で作業をされる職人さんには欠かせないアイテムとなりました。中でもBURTLE社製「air craft」は、優れた機能と洗練されたそのデザイン性から、多くの職人さんに愛用されており、ダイマツでも大人気商品の一つです。

ファンの取り付け方

ご購入いただいたお客様はお気づきだと思います。このファンとバッテリーの箱に 入った姿。いちいちカッコいい笑。これぞ細部にまでこだわるBURTLEの魅力でもあります。 さて、取り付け方です。まずはファンを箱から取り出し、リングをくるくると回して取り外してください。
取り外したファン本体は、セット購入いただいているジャケット(orベスト)の外側から差し込めるようになっています。ファンを差し込んだ後、リングをジャケットの内側から取り付けます。
以上です。超簡単です。

バッテリーとファンのつなぎ方

ファンと同梱されてるケーブルを取り出し、バッテリーと繋ぎます。ケーブルは、ジャケット内の固定用のテープを辿ってケーブルにつなぐと綺麗におさまります。 また、ジャケットやベストの種類によって、外ポケットからバッテリーを繋ぐことが できるタイプもあります。外ポケットにバッテリーを収納することで、スムーズに風量を調整することができるのでとても便利ですよ! aircraftではバッテリーの専用ポケットなどの場所やデザインもこだわり尽くされており、見た目ももちろんですが、できるだけ作業中の邪魔にならないように設計されてます。空調服内の見えない部分もこだわっている点が、BURTLEらしいですよね。 この他、air craftの空調服には「ジーベック」、「村上被服」のファン&バッテリーもご使用いただけます。ただし、バッテリーとファンは必ず同じメーカーで選ぶようにしてくださいね!

快適に、そして長持ちさせるために-お手入れ方法

当たり前の話ですが、空調服は外気をファンを使って取り込むことで服の中に空気を送り込んでいます。建築現場など、環境によってはファンが汚れやホコリまみれになってしまいます。 汚れの付着は、ファンの性能を落とすだけなく、故障の原因にもなります。汚れが目立つ場合には、綿棒や、柔らかい布に中性洗剤含ませ拭き取りましょう。 先ほど取り付け方でご紹介しましたが、aircraftは簡単にファンは取り外しができます。パーツの汚れを定期的に取ることをお勧めします! ※水に浸すなどは故障の原因ともなりますので、ご注意ください。

フィルターでファンを保護

また、ファンを汚れから守るために、専用のフィルターの装着をおすすめしています。 air craftの箱を開ければ、ファンを保護するためのフィルターが入っています。こちらを使用することで、面倒なお手入れからも解放されます!また、このフィルターは別売りもあるので、定期的に交換できるのもおすすめポイントです。 以上が、取り付けからメンテナンス方法までの簡単な紹介となります。空調服が普及し、当たり前となりつつある常識だからこそ、今更聞けないこともありますよね。 ご利用される職人さんにとっては、夏の暑さをどう切り抜くかということは、とても重要なポイントだと思います。快適な仕事環境を作るためにも、正しく空調服をご利用ください!! 最後までお読みいただき、ありがとうございました。