新規会員登録はこちら

作業服のだいまつ > 着用義務化!フルハーネス型安全帯を知る!!

社長、最近なんかハーネスの入荷多くないですか??

2018年に、これまでのハーネスについての法改正が発表されてるで。知らなかった??
2019年の2月からフルハーネス義務化が適用されているから、いろんなお客様から問い合わせ来てるでしょ。

そうだったんですか・・・。(ヤバい、知らなかった。。)

土木や建築業界で働くワーカーズ達を賑わせた話題である労働安全衛生法の改正。
2019年2月1日より施行、適用が開始され、フルハーネス型安全帯の着用が原則義務化されました。
運用開始と同時に、移行の猶予期間が設けられており、2022年1月からは、胴ベルト型など
これまでの規格品の販売・使用が全面禁止となります。また、フルハーネス型安全帯を使用するための
特別教育が必要になったりと、義務化の法改正に合わせて新たな取り決めが変更されています。

今回は、新規格となるフルハーネス安全帯について、
これから導入される方向けに簡単なポイントをご紹介していきます!

ハーネスの規格と種類について

ちゃんと法改正について調べてきたかい?そもそもハーネスってどんなものかわかってる?

はい!高所作業における安全帯は、現状使用できるものとして主に二つあります。

よしよし、では説明してみて。

胴ベルト型

腰回りに装着する帯状の器具。これまでの主流として多くの職人が使用していた。落下事故の際の衝撃が大きいと言われる。すり抜けや「くの字」状態での胴部・胸部の圧迫など、宙吊状態での死亡事例もあった。欧米では基本的に使用が禁止されている。
 
フルハーネス型

腰回りだけでなく肩から足の付け根部分までを支持する規格の器具。身体にかかる荷重が分散され、中ずり状態になった場合でも安定した姿勢を保つ事ができる。墜落時に衝撃を大きくに軽減してくれる装置(ショックアブソーバー)付きを厚労省は推奨している。

胴ベルトからフルハーネスに変わることで安全性がぐっとアップしますよね。

うん。そうやね。でも、結局は正しい使い方をすることが一番重要やねん。労働災害を無くしていくためにフルハーネス導入に合わせて、特別教育の必要性もよく言われているよね。

フルハーネスを着用すべき条件と注意点は?

この法律改正で変わったことってどんな内容だった?

はい。今回の労働安全衛生法の改正での変更点は、大きく3つあります!

・「安全帯」から「墜落制止用器具」と名称が変更されたこと。
・高さ6.75m以上の場所で作業する際には、フルハーネス型墜落制止用器具の着用が義務。
(建設業は5m)
・フルハーネス型安全帯の使用には、特別教育を受講する必要あり。

そうやね、この変更でより安心に作業が行えるようになる。

法改正によって、2m以上で作業床がない場所、作業床の端など手すり等で安全確保が困難な場所ではフルハーネスを使用することが原則とされています。建設作業の場合は5m以上、柱上作業等の場合は2m以上の箇所ではフルハーネスの使用が推奨されてるとのことでした!

この短期間でちゃんと調べてるやん!(このやる気をもっと仕事でもだして欲しいなぁ)

ありがとうございます!ビシッ

新規格フルハーネス導入にかかるコストは?

この法改正がきっかけでフルハーネスへと移行することになった業界関係者は、コストとか何かと大変ですよね・・?

そうやねん。フルハーネスの義務化が決まって事故軽減バンザイ!と言いたいところやけど、関係者、特に建設関連企業を運営する事業者にとっては、これまでの安全帯から切り替えるためのコストがどうしても気になるよね。

そう来ると思って、ちゃんと勉強しましたよ。(ニヤ)この移行期間中のスムーズな導入に向けて、国も建設事業の助成金を制度を設けています。今回の義務化された特別教育についても助成金の利用が可能なんです。

こいつやるなぁ。

ポイントは大きく3つです。
・新規格の買い替え・購入など
・特別l教育受講料の一部、受講期間の賃金の一部
・助成対象資格や申請方法などについては、都道府県労働局
 またはハローワークで確認できる。
ざっとこんなところでしょうか。

なるほど、これならお客様も安心してフルハーネス導入に取り組めるね!よっしゃ、どんどん仕入れて提案していくで!!次は、各メーカーの特性調べといて!

わかりました!(自分で調べてよ・・・)

フルハーネスの選び方

フルハーネスを選ぶ上で、もう少し詳しくハーネスのことを知りたいですよね。ということで、ハーネスの腿ベルトの形状やバックルなんかも調べてみました!

お!(やるやん!)

ハーネスの腿ベルトの種類は、「V字型」と「水平型」の2種類あります。V字の方が骨盤からしっかりと支えるような形状になっており、より安全だと言われていますね。おそらく今後の主流になるのではないかと。


V字型

水平型

(めちゃくちゃ勉強してる…)

さらに、ベルトを脱着するときの腿バックルですが、こちらもワンタッチタイプとパススルータイプのバックルの2種類あります。着脱が楽なワンタッチバックルは多少重量感があるのと価格が高め。パススルータイプは先に固定した腿ベルトに脚を入れる形になるので少し着脱が不便ですが、重量も軽く、価格も控えめですよね。

そのとおり!(よしよし)
では、最後に私がセレクトしたおすすめフルハーネス 商品を紹介しよう!

おすすめフルハーネスラインナップ